アルバニアホワイトニングクリームはニキビ跡にも使える?

アルバニアホワイトニングクリームはニキビ跡を改善することができる?

寝る前の15秒のお手入れで気になるシミやくすみを抑えて、赤ちゃんのようなハリのある白い肌を取り戻せると話題になっているアルバニアホワイトニングクリーム。

 

ネット上の口コミを見てみると、シミやくすみ以外にニキビ跡にも効果があった、というものがあります。
アルバニアホワイトニングクリームはニキビ跡の対策にも使えるのかどうか調べてみました。

 

アルバニアホワイトニングクリームのニキビ跡についての口コミは

まず、ネット上のアルバニアホワイトニングクリームのニキビ跡についての口コミには以下のようなものがあります。

 

「シミ対策のためにアルバニアホワイトニングクリームを買ってみたのですが、近頃肌が明るくなってきて、気になっていたニキビ跡が目立たなくなってきました」(34歳女性)

「10代のころはひどいニキビで、大人になってからも大人ニキビやニキビ跡で悩んできました。
ネットでアルバニアホワイトニングクリームのことを知り、試してみたところ1ヵ月を過ぎたころから大人ニキビやニキビ跡が少なくなってきました。
きれいな肌になるまで頑張って使い続けたいです」(42歳女性)

 

このようにシミやくすみの対策のために購入したけれど、大人ニキビやニキビ跡にも効果があったので驚いた、というユーザーの数は少なくありません。
アルバニアホワイトニングクリームがニキビ跡にも使えることは確かなようです。

 

ニキビ跡に効果がある理由

それではなぜ、アルバニアホワイトニングクリームはニキビ跡にも効果があるのでしょうか?
それは配合されているグリチルレチン酸ステアリルという成分によるもののようです。

 

グリチルレチン酸ステアリルはマメ科の植物であるカンゾウの根や茎から取り出された成分で、強い抗炎症作用を持っています。
炎症が起こりやすくなっている肌の状態を改善する働きがあり、バリア機能やターンオーバーを本来の状態へと戻してくれます。
大人ニキビの予防や改善、肌荒れや毛穴のケアの効果もあるんですよ。

 

グリチルレチン酸ステアリルが特に得意とするニキビ跡は「赤みタイプ」という残った炎症が目立つものです。
ニキビ対策の化粧水などに配合されていることが多いので、その名前を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

このようにアルバニアホワイトニングクリームにはニキビ跡にも効果があったという口コミも見られ、また、ニキビやニキビ跡対策として多くの化粧品で使われているグリチルレチン酸ステアリルも配合されています。

 

すぐには効果がないかもしれませんが、1ヵ月以上継続して使用することでニキビ跡への効果が実感できる可能性が高いですから、ニキビ跡対策として使ってみてもいいかもしれませんよ。

 

 

アルバニアホワイトニングクリームのシミへの効果を見てみる